News Release | Hotel Kaze Darbar » 震災後のネパールの観光業と風ダルバールの現在について

New Release



震災後のネパールの観光業と風ダルバールの現在について

2015年4月25日に発生した大地震により、ネパールの重要産業である観光業も大きなダメージを受けました。

それに加え、2015年9月に発布された新憲法に対する反発をアピールするためにおよそ5ヶ月間にわたって行われたネパール・インド間の国境封鎖により、そのダメージはさらに大きなものとなりました。

国境の封鎖により、インドからの物資の輸送が制限され、国民生活にもおおきな影響が出ました。ガソリンやディーゼルなどの石油製品のみならず、薬や地震の被災者のための支援物資、そして日用雑貨にいたる多くの物が品薄になり、物価が高騰し、ネパールのすべての産業に影響を与えました。

これらにより、観光業においても、およそ50%に上る観光客がネパールへの旅行予約をキャンセルしたと発表されています。

しかし、現在のネパールは、徐々に以前の活気を取り戻しつつあります。地震により破壊された世界遺産の建物も少しずつではありますが、復興が進められていますし、観光業においても、良い兆しが見られるようになって来ました。

私たちのヘリテージホテル風ダルバールにおきましても、現在は海外のエージェントやインターネットブッキングのエクスペディア、アゴダなどを通した予約などが少しずつ入るようになってきたところです。もちろん、さらに多くの皆様をお迎えしたいと期待しているところです。

当ホテルは、カトマンズにおけるブティックホテルの中では、最高のホテルであると自負しております。カトマンズ国際空港と旅行客でにぎわうタメルとの中間点のカマルポカリという場所に位置し、タメルまでも、徒歩15分程度で行くことが出来ます。

ホテルの建物は伝統あるラナ時代の建物を修復して作られており、美しい中庭や緑豊かなレストラン前の庭など静かで落ち着いた空間で、くつろぎの時間をお楽しみいただけます。駐車スペースも十分にご用意してあります。

当ホテルのレストランでは、ネパール料理、日本料理、西洋料理、中華料理などバラエティー豊かなメニューをご用意しております。また、自家製の手作りケーキや、オーガニックコーヒーなどもお楽しみいただけます。親しみの湧く暖かいサービスをモットーにしたスタッフたちの笑顔と共にお楽しみください。

高速Wi-Fiも無料でご利用いただけます。

これまでに海外のNGO,INGOその他の団体の皆様にも会議や会食などにご利用いただき、多くの満足の声を聞く共に、繰り返しのご利用も頂いております。

ヘリテージホテル風ダルバールはこれからも皆様からのご支援をいただきながら、日々精進してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

« »